WEBマガジン 企業変革への道

世界標準の課題解決方法論:リーン/シックスシグマとDMAIC

私は20年近く「リーン/シックスシグマ」のコンサルタントとして活動しています。リーン/シックスシグマとは何かを知らない方が大半だと思いますが、これは世界標準なので、わざわざ説明をしないとダメな状況自体が問題だと思っています。特別難しい話ではありませんし、立派に課題解決や継続的イノベーションを行っている企業は数多くありますし、シックスシグマを知っている方には「今さらシックスシグマ?」と思われる方もおられると思います。しかし、世界標準を知らずに、世界標準となった本質を知らずに世界と渡り合うのは良策ではないと思います。

ここでは企業変革の方法論「リーン/シックスシグマ」と中核の課題解決ステップ「DMAIC」について解説します。企業変革力・課題解決・継続的イノベーション・オペレーショナルエクセレンス・トランスフォーメーションといった単語に引っかかる方やシックスシグマを昔知ったけど最近知らないという方に、ざっと目を通していただいて概略を理解していただけると幸いです。

リーン/シックスシグマとは?

リーン/シックスシグマとは「企業変革の方法論」の1つで、語源はトヨタ生産方式を研究した「リーン生産方式」とバラツキを抑えるプロセス改善の手法「シックスシグマ」がくっついたものです。先にシックスシグマが世界で使われるようになり、後にリーンがくっつきました。世界の2大方法論の結婚という人もいましたが、単にまとめただけと思ってもらって結構です。なお、企業変革と言っているのは、財務効果を出しながらリーダー人材を育成することが目的とされるからです。

シックスシグマは主に欧米の大企業で取り入れられ、後ほど詳しく説明しますが、それが世界中にどんどん広がっています。日本ではソニー、東芝、島津製作所、LIXILなどの製造業や、星野リゾート、マツダ病院などのサービス業にも導入されています。世界では「世界標準」なので挙げるとキリがなく、例えば大手製薬は日本企業以外全部入れているなど当たり前になっています。

シックスシグマとは?

リーンとシックスシグマでは、シックスシグマの方が核ですし、リーンはほぼトヨタ生産方式なのでシックスシグマをご説明します。

シックスシグマの方法論としての主な特徴は以下の通りです。

・顧客視点でプロセスに着目して改善する
・データと事実を重視し、統計手法を取り入れている
・DMAICという改善のステップを活用する
・プロジェクト関係者の責任と役割が明確に定義されている

DMAICとは「Define:問題の定義、Measure:現状の測定、Analyze:原因の分析、Improve:改善策の立案、Control:改善実施と定着」のことです。当たり前のステップですが、ものすごく具体的かつ明確に体系化されています。しかもこれをみんなが知っている状態「(社内の)共通言語化」することによって無手勝流ではなく一定の方向性を共有した改善活動になるので、改善のスピードが圧倒的なレベルで速くなります。

シックスシグマを導入推進している企業は、この方法論で企業変革のための経営課題を解決するのです。ここを語り出すと私が止まらなくなりますので、今回はここまでにします。

なお、基本的に世間でLSSと言うと大企業向けの方法論となります。しかしその考え方や手法などは中小~中堅製造業でも十分活用できます。

世界の中のリーン/シックスシグマ

世界標準と冒頭から書いていますが、具体的にどういう状況か説明します。

 

まず、ISOで推奨規格ながらも2011年にISO13053、2015年にISO18404と正式採用されています。ISOは元々はヨーロッパ主体の組織で、ヨーロッパが正式採用したと言っても過言ではありません。シックスシグマのプロジェクトリーダーを「ブラックベルト」と言います。このブラックベルトは、イギリスでは国家資格となっています。

国家資格と言えば、先にブラックベルトを国家資格にしたのは中国です。ISO標準を開発するテクニカルコミッティという委員会がいくつかあるのですが、シックスシグマをISO化したテクニカルコミッティの当時の議長国は中国でした。そして韓国は国策として取り組んでおり、シンガポールでは「アジア リーン/シックスシグマ&プロセスエクセレンスサミット」が開催されるなど、アジア各国で取り組まれています。

シックスシグマの生みの親はモトローラで、育ての親はGE(ゼネラル・エレクトリック)と、米国育ちです。アメリカではamazonやシスコシステムズなどの圧倒的多数の代表的な企業で導入されています。官公庁、金融業など挙げるとキリがありません。

DHL(ドイツのグローバル物流企業)は、顧客企業と一緒にシックスシグマの方法論を使った物流費最適化プロジェクトをやっています。多国籍企業間で使われている方法論です。

「GE流で社風からITまで革新」、ジヤトコ秦社長、DHL山川社長らが講演

もう世界の先進国でリーン/シックスシグマを知らないのは日本だけです。

2020年度版ものづくり白書とリーン/シックスシグマ

2020年のものづくり白書をものすごくシンプルにまとめると「世界で不確実性が高まり、企業変革力の強化が必要。その強化をするためにデジタルトランスフォーメーションの推進が必要。」ということが書かれています。さらにデジタルトランスフォーメーションの内容を見てみると、AIやIoT、設計のデジタル化・デジタル連携の重要性が説かれています。

このAIとIoTや設計のデジタル化がシックスシグマと密接な関係なんです。AIとIoTは「データの収集→分析→(テクノロジーを使った)改善」を行い、その結果プロセスを競争力が高いレベルまで引き上げることが目的です。「企業変革に結びつくプロセス改善をデータを活用して実施する」はまさにシックスシグマなんです。設計のデジタル化も同じです。設計プロセスの品質を上げ、今後も挙げ続けるためのデータを「収集→分析→改善」します。デジタルと絡めて改善することが設計のデジタル化につながります。

シックスシグマの育ての親であるGEは、IoTプラットフォーム「Predix」を作りました。

GEジャパンのオンラインマガジン「GE Reports Japan」。グローバルな企業間競争や先進技術、企業経営や人材開発

発電設備や航空機エンジンでのノウハウを詰め込んでいますが、残念ながら事業としては上手く行ってないようです。しかしながら、発電設備や航空機エンジンのIoTのノウハウは素晴らしく、そのノウハウがシックスシグマによって作られてきたことは事実だと思っています。

ものづくり白書に書かれている事例などは、私はほとんどのものを自身のコンサルティングで経験しています。シックスシグマの中では当たり前のことで、それを白書で示す価値はあると思います。ただ、これを読んだ製造業の人で、まだデジタル化が進んでいない企業が「へー」で終わっていたら非常に危険だと思います。

世界は共通言語でもってIoTを進めています。またいつものようにガラパゴスで置いてけぼりにされる日本の姿が容易に想像できます。シックスシグマは元々は日本のTQC/TQMです。国としては体系化と共通言語化(日本流シックスシグマの敷衍)を進め、各企業は今後プラットフォームや規格に対応できるよう、シックスシグマを使った改善を進めるべきです。

DMAICってなに?

DMAICとは、Define(定義)、Measure(測定)、Analyze(分析)、Improve(改善)、Control(管理)の頭文字で改善のステップを表します。

ちゃんと課題を定義し、悪さ加減の実態を測定(把握)し、原因を分析してから改善策を決め、その改善を管理して定着化をする、というある意味当たり前のステップです。言い方を変えると、感覚で対策ありきで改善するのではなく、ちゃんと改善の目的背景を捉えて現状や原因の分析をした上で改善しましょう、と規定しているのです。

メリットを個人の側面と組織の側面で考えてみます。

DMAICを自身が使うメリット

単に行き当たりばったりにならないだけではありません。DMAICを基準に考えたり、改善活動のノウハウを整理できるので、ものすごく自分の中で改善の進め方が整理できます。私は1,000近い課題を見ていますが、軸としてDMAICがあるので、何か課題が出てきたときにDMAICで整理したノウハウが引き出せ、すぐ解決までの進め方が出てきます。物事は準備9割と言われますが、改善も準備9割です。進め方は準備のベースとなります。

DMAICを組織で使うメリット

組織でDMAICを使うとさらにパワフルです。小集団活動を見るとよくある状況が「人によって進め方が違う」「リーダー一人の活動になる」「進捗がマネジメントしづらい」などです。これらが激減します。

組織でDMAICが使えていると「よし、Mはこれでいいから次はAだ」といったことがわざわざ説明なしでみんなが理解します。またみんな進め方の標準形やよく使うツールを知っているので能動的に動きやすいです。また、改善活動は正解がないので進捗管理がしづらいですが、標準的な進め方があると比較的管理しやすくなります。さらには個人でもそうですが組織でノウハウが蓄積しやすくなります。

シックスシグマは共通言語

シックスシグマは「共通言語」と言われることがありますが、上記の組織でDMAICを使えている状態が共通言語と言われるゆえんです。しかもお客様やサプライヤーとも同じ言語が使えます。海外でも同じ言語です。私は英語は話せませんが、シックスシグマ用語は知っているので、英語のシックスシグマ資料はだいたいわかります。国ではなく活動で考えた時の言語なのです。

例えば、サムスンのような他国のシックスシグマを導入している企業とみなさんの会社が取引するとします。「品質管理はどうやっている?」と聞かれたとき、ISO9000を答えるより「シックスシグマやってて、このツールで管理してます」と言った方が内容が明確に相手に伝わり、信用を得るのが早くなります。

DMAICのステップの内容

具体的に各ステップを見てみます。詳しく書くと本1冊でも済まない話なのですが、まずは概要を知ってください。

Defineフェーズ(Dフェーズ)

課題を定義するフェーズで、改善プロジェクトの内容を明確にします。

内容とはつまり、課題の背景、目的、目標、スコープ、チームメンバー、改善指標といった5W2Hで、これらを明確にします。また進め方を設計して実行計画を作成します。3つの成果物「プロジェクトチャーター(課題定義書)」「プロジェクトロジック(プロジェクトの論理的な進め方)」「スケジュール」を作成し、関係者で合意ができればキックオフです。

Measureフェーズ(Mフェーズ)

現状の悪さ加減を測定するフェーズで、データと事実で実態を明らかにします。

具体的には、プロセス(業務の流れ)を図式化し、どこのプロセスに問題が起きているかデータを分析して見つけます。「プロセスマップ(業務の流れを図にしたもの)」「ヒストグラム(度数分布表)」は最重要ツールです。この重要度合の解説はいずれ書きたいと思います。どこのプロセスでどれだけ悪さが発生しているか掴めたらOKです。

Analyzeフェーズ(Aフェーズ)

原因を分析するフェーズで、ここでもデータと事実を使い、仮説検証を繰り返して根本原因をつきとめます。

具体的には、仮説を洗い出し、重要仮設からデータと事実で検証し、さらに詳細な仮説を立てて検証する、ということを繰り返します。最重要ツールはMフェーズの2つに加えて「ロジックツリー」と「パレート図」です。問題発生のメカニズムが明らかになり、この原因をつぶせば改善する、ということが明確になればOKです。

Improveフェーズ(Iフェーズ)

改善策を立案するフェーズで、原因をつぶした改善後のプロセスを設計し、リスク検証や、改善策に投資が必要なら投資の意思決定をします。

具体的には、改善案を洗い出してそれらからありたい改善後のプロセスを作ります。リスク分析やトライアル実施をして改善後のプロセスの検証を行います。ここでは「プロセスマップ」「リスク分析」「トライアル」といったツールや考え方が重要となります。改善策が確定したらいよいよ実行に移ります。

Controlフェーズ(Cフェーズ)

改善策を実行して定着させるフェーズで、改善策の実行準備・実行・実行管理・継続管理の仕組みづくりを行います。

要は、改善策を実施して新たな問題が出たり、前のやり方の方が慣れてるからと元に戻ったりしないよう、しっかり効果が出て業務が定着するためのことを行います。ここでは「作業手順書」「作業教育」「KPI設定と管理の仕組み」が重要な考え方とツールです。日常業務化できれば活動終了となります。

参考:QCとシックスシグマの違い

ものすごく頻繁に「QCとシックスシグマの違いは何ですか?」と聞かれます。シックスシグマの元がTQCなので、見た目の大きな違いはないです。しかし一般的な解釈では本質的に違う部分がありますので解説します。

QCとは

QCとはQuality Control(品質管理)の略で、現場主体で小さなグループが、品質管理のツール(QC7つ道具など)を使って科学的にプロセス改善し、PDCA(Plan:計画を立てる、Do:実行する、Check:評価する、Action:改善する)という管理サイクルを回す活動を指します。

TQM・品質管理(日科技連)

活動の進め方はQCストーリーで定義されており、「問題解決型」「課題達成型」「施策実行型」の3つのタイプのQCストーリーがあります。一番一般的な問題解決型QCストーリーには8つのステップがあります。

(図)

QCとシックスシグマの違い

簡単に言うと、トップダウンでシステマティックに経営に結びついているのがシックスシグマ、ボトムアップである程度の自由度があり問題解決に特化しているのがQCです。冒頭から書いている世界標準なのもシックスシグマです。

(図)

元であるTQCをアメリカでシステマティックに改良して経営手法として使われていたので当たり前ですよね。QCでも日本企業で経営手法として使っているところは差がないです。それぞれ道具なので、どう使うかだと思います。

支援サービスのご検討・ご相談
お問い合わせ ダウンロード