ヴィサイプはオペレーショナル・エクセレンスの実現とその過程での改革の成功を請け負います

オペレーショナル・エクセレンスとは

フレームワーク

オペレーションとは、バリューチェーンやバックオフィス含めたすべての活動(人の働き方や業務の流れ・つながり)を指します。ここが徹底的に磨き抜かれ、強い現場力を持っていると、サービスや品質、コストの競争力で他を圧倒することができます。そのような状態を「オペレーショナル・エクセレンス」と言い、日本も含めた世界中で多くの企業が目指しているものです。

オペレーションは、その結果がお客様への直接価値であり、ミッションを実現する土台となるものなので、単なる競争力以上の意味があります。また、現場力を短期間に強化することは難しいので、中長期的な事業の安定にもつながります。

オペレーショナル・エクセレンスと言える状態には簡単にはたどり着けません。いくつもの壁が待ち受けています。私たちはお客様と共に壁を乗り越えるパートナーとなり、成功をお約束します。


オペレーショナル・エクセレンスの要件

  • 徹底的に磨かれたオペレーションがある
  • 顧客の声やオペレーションを測定・管理できる仕組みがある
  • 各現場、各階層に改善・改革を推進できる人材がいる
  • オペレーションや改善・改革における共通言語を持つ

ヴィサイプは以下の考え方でご支援します。

  1. オペレーショナル・エクセレンスの20社以上の支援経験のノウハウを
    すべてさらけ出します
  2. お客様のミッション・ビジョンを実現するために、
    人財・オペレーション・仕組みづくりを支援します
  3. 財務効果など目的に応じた成功を保証します