ヴィサイプのミッション ヴィサイプ社名の由来

檜(Japanese cypress)は2度生きると言われています。
1度目の生は普通に樹木としてで、樹齢1,000年以上と杉の次に長生きだと言われています。2度目の生は建築資材として生き、世界最古の木造建造物「法隆寺」に使われて既に1,300年が経っています。

法隆寺は檜という理由だけで長持ちしているのではありません。厳選された檜の素材が、例えば「木の日面の柱は建物の南正面に使う」など、その特性を自然に逆らわないように活かされ、使われています。

加えて、劣化した部分を補修する檜は大切に育成・保管されており、宮大工の地位も確保されるなど、メンテナンスの仕組みと体制が整っていました。

さらに、宮大工は「堂塔を建てずに伽藍を建てよ」などの口伝(理念やビジョン)があり、最高の技術で仕事をしていました。

私たちは法隆寺(企業)支える宮大工のような精神で、お客様がご自身の特性を活かして事業と組織を変革し、維持発展の体制と仕組みを構築するご支援をします。そして檜のようにお客様と経営哲学が長年続くようご支援します。

ヴィサイプについて